よいペット保険の探し方とその相場

よいペット保険の探し方とその相場について説明します

ペット保険が役に立った事例を紹介します

1人暮らしの方はもちろんのこと、家族を増やすためにさまざまなペットを飼う方が増えています。ペットも大切な家族の一員です。昔はペットに病気などのトラブルが起きたとき保険などが無かったため金額が払えず諦めてしまったという飼い主さんも多くいらっしゃいました。現在でもペットは保険診療が無く一回の診察に多額の費用がかかってきます。また大けがや病気、去勢など手術を要する治療の場合は少なくても2万円くらいから数十万円に上ることもあります。そのようなときにとても助かるのがペット保険です。ペット保険に加入していることでそういった高額治療費を払わなければいけないケースの場合、保険を利用すれば負担額を全額出してもらえる可能性があります。あくまで保険ですので使わない可能性は高いですがもしものために入っておくと良いです。

ペット保険に加入しておけばこんな事例で役立つ

ペット保険にはさまざまな種類があります。保険料をあまり高くしたくないという方には診察料の一部を負担してくれる保険がおすすめです。ただペットの診療代金は一部と言っても元が高いので負担額も相当大きくなってしまいます。例えば膀胱結石になってしまった場合、入院費や手術代金、通院費用の総額で20万円かかってしまう場合があります。その3割を負担するとなった場合たった3割でも人間の病院代と違い6万円もかかってしまうわけです。一回でそれだけの金額がかかってしまうならある程度負担が大きくても全額支給してくれる保険に加入するのも良いかもしれません。ちょっとした病気、例えばアレルギー性皮膚炎にかかっても治療費やアレルギー検査、その後の通院費などで数万円になってしまいます。交通費なども考えると相当な額になります。

ペット保険に入っておけばもしもの時に困らない

人間の保険もそうですがペット保険ももしもの時のためです。しかし高額の治療費であるがゆえに助けられる命をみすみす落としてしまう可能性もあるわけです。どんなに大切な家族であってもお金が無ければ治療を継続していくことが難しくなることも多々あります。そういった事態にならない為にも保険に加入することをおすすめしたいです。人間の保険料に比べてもちろん治療費が高い分月々の支払額は多くなります。それでも人間よりも病気にかかる率が高いのが動物です。小さい命ですのでちょっとしたケガや病気で命を落とすこともあります。後悔のない治療を最後まで大切な家族に受けさせてあげるためにも保険に加入しておけば費用を存分に使ってあげることができるわけです。もしものときのためにもぜひ加入を考えてみるといいでしょう。