よいペット保険の探し方とその相場

よいペット保険の探し方とその相場について説明します

よくあるペット保険の疑問に答えます

ペットを飼っている家庭が増えてきた時代、家族の一員としてペットの健康状態はいつも気になるものです。病院にかかれば相応の診療代や治療費がかかり、飼い主の負担は大きいです。そんなペットを飼っている方におすすめなのがペット保険です。ペット保険は月々の保険料を支払うことで動物病院などの受けた通院費、治療費、手術代などを一部負担してくれる制度で、さまざまなものが販売されています。おすすめは1年掛け捨てタイプで、体重ごとに保険料が決められているタイプと、種別を分けないタイプがあります。また歳をとっても保険料が変わらないタイプもあります。補償内容も大きく2種類あり、通院から手術までトータルな補償が受けられるタイプと、もしもの場合に備え、手術のみまた治療費のみといったプランもあります。

ペット保険、どれにしようか迷いますね

ペット保険は自分の飼っているペットに一番合った保険を選ぶことが大切です。まずペットの年齢を考えましょう。年齢によっては加入できないものもあります。ほとんどが年齢制限を7歳から10歳としています。また、治療中の病気や既往歴によっては加入できないものもあり、よく調べる事をおすすめします。当然ながら補償が手厚いほど保険料は高く、手軽なものは補償が限定されていることもよく知っておきましょう。ペットは5歳あたりから手術や治療費が高額になることも多いです。リスクを考えると幅広い補償を受けられるタイプが無難です。保険料を少しでも抑えたいなら、一日あたりの補償限度額があるものや回数や日数制限があるもの、年間での限度額があるものなどを選ぶのがおすすめです。ペット保険の年間平均は1から2万円といわれています。

ペットには膨大なお金がかかる、だからこそペット保険

ペットを飼うと、例えば愛犬が15年大きな病気をせずに過ごせたとしても生涯で100万円はかかるといわれています。さらに骨折となれば20万から40万、ヘルニア手術では20万から30万と怪我や病気に膨大な費用がかかります。平均してペットは通院にかかる費用が割高であり、急な出費は飼い主にとって負担が大きく、ペット保険の補償を受けられればなにかと安心です。金銭的な問題で治療を受けられないといったことも少なくなります。ペット保険はあなたの大切なペットが長生きできるよう支えてくれます。加入するには、健康なペットであること、家庭で飼われているペットであること、1年以内にワクチンを接種していることが条件です。先天的な病気やワクチンで予防できる病気、自然災害などによる怪我などは対象外となることがあるため事前に把握しておきましょう。