よいペット保険の探し方とその相場

よいペット保険の探し方とその相場について説明します

ペット保険の必要性を分かりやすく解説します

最近は癒しを求めペットを飼育される方も増えてきました。犬や猫などのペットを大切な家族の一員として迎え、その存在に癒され、ペットとの日々を楽しんでいらっしゃるかと思いますが、そんな癒しをくれるペットたちも人間と同じように、生きている限りケガや病気がつきものです。我が国にはペット用の保険制度はありませんので、ケガや病気で通院・入院・ 手術をした際の医療費負担は100%飼い主さんの負担となります。高額な医療費を払えず治療をせずに放置してしまうと、重大な病気を見逃してしまう可能性もあります。大切なペットたちが病気やケガをした時には、医療費を惜しまず適切な治療を受けさせてあげられるよう、飼い主さんは予めペット保険に加入しておくと安心です。そこで、よいペット保険の探し方や相場等について、ポイントをご紹介します。

ペット保険の比較サイトで自分のペットに合う保険を探そう!

インターネットで「ペット保険」と検索すると、ペット保険の比較サイトがいくつか出てきますので、各社が取り扱っているペット保険の一覧で保障内容や契約条件の比較等ができます。気になったペット保険の資料請求もできますので、比較サイトを参考にすることがおすすめです。各社、新規加入年齢の制限を設けていますが、生後30日~7才11ヶ月~9才未満までの保険が多いです。生後1日目~加入できるものもあり、最高加入年齢は16才11ヶ月までのペット保険もあります。ケガや病気の通院・入院・ 手術の保障割合は、50%のものが最多となっておりますが、こちらも80%~100%のものもあります。保険料は、0才で加入すると1,000円台が多いですが、7才になると2,000円台~4,000円台まで跳ね上がります。

ここに気を付けよう!加入年齢制限より大事なこと。

ペット保険の加入時の年齢制限は7才11ヶ月までの保険が多いので、一般的に生まれつきの持病などがない場合は、7才までは病気をすることはないだろうと思い、7歳になる直前でペット保険に加入すればいいかと考えがちです。しかし、生まれた時は健康でもその後ペットが7歳まで病気をしないとは限りません。実際に、1歳未満でも病気をする子はしますし、10歳でも1回も病気をしない子もいます。犬や猫にも生まれ持った個体差がありますので、7才未満で病気にかかり、結果的にペット保険に加入できなくなってしまったという例もあります。ペット保険に加入していない場合の医療費は1回1万円~2万円はすぐかかってしまいますので、ペットを飼い始めたら、なるべく早くペット保険へ加入することをおすすめします。

お客様のペット保険に関する疑問を解消致します。 ペット保険の資料請求を簡単に行えます。 ペットの診察料の目安を知ることができます。 サービス概要はペット保険の紹介であり、豊富な案件から比較し、インターネットでの申し込みを可能にしています。 複数のペット保険の保険料・保険内容についてワンストップで調べることが出来ます。 ペット保険は安心できる銘柄で決まり。Vitaがいちおしです